虚弱 胃腸 克服

胃腸虚弱の予防と克服

胃腸が不調なら胃腸虚弱を疑え

胃腸の働きが弱い、食欲が湧かない、異がもたれる、胃がスッキリしない、胃痛を起こしやすい、すぐに消化不良や便秘・下痢を起こしやすい。

 

このような症状がある人は、胃腸虚弱といえます。

 

昔から身体が弱く、特に胃腸が弱いので、これからの生活を見直し、改善させようと本気で思う人もいます。また、胃もたれ、吐き気、食欲不振などの胃腸虚弱や、体調不良が一向に改善されずに、ずっと通院している人もいます。胃腸虚弱が、ストレスから来るものと思い、退職し休養しても、一向に改善がみられないまま、出口が見えず悪循環で悩む人も多くなっています。

 

胃腸虚弱は、体質的なものや、日常生活で受けるストレスなどで、胃腸の働きが弱くなっている状態です。胃腸虚弱の人は、几帳面で神経質な人に多い、ともいわれています。

 

胃腸虚弱の予防と克服

胃腸が弱った状態が続くと、消化吸収が衰えます。その他にも、様々な症状や、病気を誘因しないとも限りません。日頃から、食べすぎや飲みすぎ、夜更かしなどは避けるようにして、1日3食を心掛けましょう。

 

食事は、くつろいだ雰囲気の中で、ゆっくり召し上がってください。胃に負担をかけないよう、よく噛んで食べ、腹八分を意識して、食べ過ぎないように気をつけましょう。いくら胃に負担のかからない食べ物でも、食べすぎは結果的に、胃に負担をかけてしまいます。

 

更に、過労や、激しい運動は避けましょう。ご自身なりの方法で、ストレスを解消し、溜め込まないように努めることも大切です。

 

今までの日常生活を、一度きちんと見直してみるといいでしょう。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
運営者情報・問合せ