虚弱体質 食べ物

虚弱体質に効果的な食べ物

胃腸虚弱かもしれません

虚弱体質の原因には、様々なものがあります。
ですが、その原因を1つに特定することは、とても難しいといわれています。

 

虚弱体質を改善する方法として、規則正しい生活リズム、食生活、適度な運動などがあります。
運動をしたり、栄養のある食事を摂ったり、睡眠もちゃんととっている。
にも関わらず、虚弱体質だということは、「内臓の消化呼吸機能が落ちている」ということがあるかもしれません。

 

それは、胃腸虚弱といわれ、食生活を改善することで、克服しやすくなります。
ここで、胃腸虚弱に効果的な食べ物をご紹介しますので、ご参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

<胃腸虚弱に効果のあるシソ>
シソには、滅入った気分を壮快にしてくれる作用があります。
「香蘇散」(こうそさん)は、気のうっ滞や、それが原因の感冒、神経症の治療に用いられる漢方薬です。
従って、シソは、胃腸が虚弱でいつも食欲がなく、気分が沈んで胃が重たい人。
また、くよくよして考え事も多く、その為に食道神経症や、胃痛などが起こる人などに効果があります。
香蘇散は、独特のよい香りがし、その香りが胃腸を刺激し、胃液の分泌を促します。
特に不調がある訳ではないのに食が進まない場合などに、毎日の食事に取り入れたり、葉を煎じて飲むと効果的です。

 

胃腸を活発にする生姜(しょうが)

 

生姜の辛み成分には、健胃作用があります。
ジンゲロンという成分が、唾液のジアスターゼ作用が促進されます。
そうなることで、胃液の分泌を活発にし、消化作用が正常に行われるようになります。
胃腸の働きが活発になれば、血液状態もよくなり、細胞や組織もしっかりしてきます。

 

胃弱を助けるにんにく

にんにく特有の強い臭気のアリシン。
アリシンは、たんぱく質と結合することで、消化しやすくします。
肉料理などに、にんにくを使うと、肉の臭みを消すだけでなく、消化もよくしてくれます。
また、アリシンは、胃や腸の粘膜を刺激しますから、消化酵素の分泌を促進する効果もあるのです。

 

胃を強くするレタス

レタスには、ビタミンCが含まれていて、これが胃の粘膜を強化し、体内に入ったたんぱく質の消化吸収をよくします。
また、潰瘍で傷ついた部分を、早く修復してくれます。
ですから、胃弱の人や胸やけに効果があります。

 

胃弱に効く大根

大根は、でんぷん分解酵素のジアスターゼや、消化を助けるたんぱく分解酵素のアミラーゼを多く含みます。
大根おろしなどにして食べると、これらの酵素の作用で、胃腸へ掛かる負担を軽くします。
特に、胃腸の弱い人には、強い味方野菜といえます。

 

胃腸虚弱に納豆

納豆菌には、ジアスターゼ、トリプシン、ペプシン、アミラーゼなどのたんぱく質、糖質、脂肪の三大栄養素を分解する酵素が含まれています。
納豆だけでなく、一緒に食べた他の食物の消化も助けてくれうので、胃の働きが弱い人にお勧めです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
運営者情報・問合せ