慢性疲労 倦怠感

慢性疲労からくる倦怠感を何とかしたい!

慢性疲労からくる倦怠感

何か病気をしている訳ではないけれど、具合が悪い、倦怠感を感じる。
いくら寝ても、何を食べても疲労感が取れない。
どこか悪いのかもと思い、検査を受けてみたものの、やはり異常が見つからない。
本当に具合が悪いのに、どうして検査をしても原因が分からないのででょうか。

 

慢性疲労と、それを中心に起こる様々な不快な症状。
これらの症状をまとめて「慢性疲労症候群」と呼びます。

 

原因として考えられる事は、

 

栄養失調にともなう代謝異常
ホルモンの分泌低下
ビタミンD欠乏
食物アレルギー
腸内環境の悪化
以上の条件による免疫機能の低下、その結果起こるウィルスおよび細菌感染
活性酸素ダメージ(酸化ストレス)

 

だといわれています。
ご自身で、改善出来ることから、治してみることをお勧めします。
日光に当たりビタミンDを吸収し体内に取り込み、セロトニンを吸収する。
何でも美味しく食べられることに喜びを感じ、気分転換をする。
このように、出来ることから少しずつ実践し、改善していくことが、慢性疲労を解消するポイントにもなります。

 

慢性的な疲労に悩んでいる人は、色々なことを試してみるのもお勧めです。
どれがご自身に合う方法なのかを見極めて、ご自身で実践出来る範囲で実践してみましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
運営者情報・問合せ